不登校で登校拒否、引きこもりだった先生が教える!原因不明の不登校を180日で解決し再登校に導く方法

不登校SOS-原因不明の不登校解決法

担任を味方に引き入れるステップ3:先生のモチベーションを上げ続ける

担任を味方に引き入れるステップ3:先生のモチベーションを上げ続ける

担任を味方に引き入れるステップ3:先生のモチベーションを上げ続ける

投稿日:2015年4月22日 更新日:

不登校カウンセラーで、現役塾講師の前田です。

シリーズでお伝えしている

学校や担任の先生を味方に引き入れる3ステップ
ステップ1:教育者の抗えない本能をくすぐる
ステップ2:してほしい事としてほしくない事を伝える
ステップ3:先生のモチベーションを上げ続ける(←今回です)

前回は「担任を味方に引き入れるステップ2:2つの要望を伝える」をお伝えしました。

今回は、

ステップ3:先生のモチベーションを上げ続ける

ですね。

ステップ1で担任の先生と親の人間関係を作り、
ステップ2で担任の先生や学校に
2つの要望(してほしい事としてほしくない事)を伝えました。

本来はこれで充分なはずです。

しかし、ステップ1でも言いましたが

教師も人間なのでモチベーションが下がってしまい
要望をしっかりと守ってくれない可能性もあります。

そこで、担任の先生や学校に
不登校解決のためにちゃんと機能してもらうために
モチベーションを上げ続ける必要があります。

具体的に何をすべきか?

では、担任や学校の具体的に何をすべきか?

やるべき事はたった1つ。

とてもシンプルです。

先生や学校にこまめに連絡を取るだけです。

その時には次の2点を伝えるようにしましょう。

1)先生が要望に応えてくれた事に対する感謝の気持ち
2)その結果子どもに出ている良い影響

この2つを伝える事で担任の先生や学校も
不登校解決のモチベーションが上がります。

それは、自分の行動や働きかけによって
変化が起こっている事を実感できるから、です。

お母さんが新しい料理にチャレンジして
夕食で振る舞った時

「お母さん、今日も美味しいねー!おかわり!」

と言われたら嬉しいですよね。

お父さんだったら
日頃は何も言ってくれないお子さんが

「お父さん、毎日夜遅くまでお仕事ありがとう。
お父さんがいてくれるからこそ
毎日元気に学校に通って遊べます」

なんて父の日に言われたらどうでしょうか?

きっと元気100倍になると思います。

上司に叱責される等イヤな事があっても
乗り切るパワーを貰えるはずです。

それを担任の先生にもしてあげて欲しいのです。

先日はお忙しい中プリントを
家までお持ち頂きありがとうございました。

ウチの子はまだ先生に会えない状態でしたが
プリントを持ってきて頂いた事が嬉しかったようで
早速教科書を調べながらプリントに取り組んでいました。

これまで勉強なんて1分もできなかったので
主人と二人、とても喜んでおります。

他のお子さんにとっては当たり前の事だと思いますが
我が子にとっては大きな大きな一歩です。

プリントは後日提出致しますので
大変お手数ですが、お読み頂ければ幸いです。

数ヶ月学校には登校できていませんので
他の生徒に比べれば空欄も多いかと思いますが
何卒よろしくお願い致します。

メールでも電話でも結構です。

できれば両方を織り交ぜて送ってあげて下さい。

お母さんばかり連絡しているなら
時にはお父さんも行って下さい。

(忙しいし、そこまでやっていられない)

という気持ちもあると思います。

私も仕事をしていますし妻は主婦なので
大人が忙しい事は痛いほどよくわかります。

しかし、このブログで何度もお伝えしている通り・・・

不登校に解決においては
お父さんやお母さんができるのは「環境づくり」です。

環境づくりしか出来ないし
環境づくりに徹するべきというのが私の考えです。

不登校や引きこもりにおける「解決」とは
再登校や部屋から出てくる事ではありません。

お子さんが自分の力で不登校や引きこもりに打ち勝つ事。

自分で打ち勝ったと感じて
心の底から自分に自信を持てる事。

そして、今後の人生で振りかかる困難を
自分の力で乗り越え解決できる人間になる事。

不登校や引きこもりに打ち勝つ経験を通して
「確固たる自信」を手に入れる事こそ
お子さんにとって最高の学びでありギフトです。

気休めと感じるかもしれません。

お子さんは毎日辛い顔をしているかもしれません。

しかし、そうだからこそ
我々大人がプラスに受け止めて欲しいのです。

そして、不登校解決のために
我々大人にできるのはどこまで行っても
お手伝い、つまり環境づくりだけです。

お父さん、お母さんがお忙しいのは重々承知していますが
担任の先生や学校が不登校解決に少しでも良い環境になるよう
少しだけお手伝いしてあげて頂けないでしょうか。

これは、不登校カウンセラーというよりも
不登校になりたくてもなれなかった人間からの、

確固たる自信がなかったがために
社会に適合できなかった人間からのお願いです。

お父さん、お母さんが担任の先生に送る
一本の電話やメールが不登校解決には
ジワジワと効いてきます。

結果はすぐには現れませんが
私も全力で応援しますので一緒にがんばっていきましょう!

-不登校・登校拒否・引きこもり解決法

Copyright© 不登校SOS-原因不明の不登校解決法 , 2018 AllRights Reserved.