不登校で登校拒否、引きこもりだった先生が教える!原因不明の不登校を180日で解決し再登校に導く方法

不登校SOS-原因不明の不登校解決法

不登校でも無理やり行かせるべきか?

不登校でも無理やり行かせるべきか?

不登校でも無理やり行かせるべきか?

投稿日:2015年4月4日 更新日:

不登校カウンセラーで、現役塾講師の前田です。

不登校でも無理矢理学校に行かせるべきか?
強引にでも無理やり登校させるべきか?

・・・

子供が不登校や登校拒否になった親御さんであれば
一度どころか毎朝直面する事態だと思います。

毎日、毎朝のことですから
お父さんやお母さんも思い悩んでしまうのではないでしょうか。

「学校に行きたくない」

と子供が言っている以上何か理由があるのだから
無理やり学校に行かせるべきではない気もする。

しかし、一度学校に行かないとクセになってしまい
不登校や登校拒否がどんどん悪化してしまうのでは…

叱ったり励ましたりしながら
なんとか登校できるのであれば不登校になるより
マシなのではないか。

もし単にワガママを言っているだけなら、
もし単に嫌な事から逃げているだけなら、

親としては心を鬼にして
叱ってでも無理やりでも登校させた方が良いのかもしれない。

こんなジレンマを抱えながら
毎日本当に悩みながら答えが見つからないまま
お子さんに接しているかもしれませんね。

毎日、毎朝、本当に大変だと思います。

お気持ち、お察し致します。

では、

不登校でも無理矢理学校に行かせるべきか?
登校拒否でも無理やり強引に登校させるべきか?

結論を言います。

不登校のお子さんを無理やり学校に登校させる事は
絶対に、絶対にしないで下さい。

学校に行きたくないと言っている子供を登校させるのは、
今日、明日という短いスパンで見れば
大きな問題はないように思えます。

しかし、長期的スパンで見ると後々大きな問題になりえます。

なぜか?

「学校に行きたくない」

と登校拒否や登校渋りをするのは
不登校の前兆・予兆と言えるからです。

どんな病気でも前兆・予兆がありますよね。

ちょっと胸が苦しい、
ちょっと微熱がある、
ちょっと体がだるい、

このような前兆があります。

大した事じゃないだろうと放置して
いざ病院で精密検査を受けてみると…
「末期ガン」と判明した。

胸が傷んだアノ時に検診を受けていれば
ここまで悪化する事はなかったのに…

という話がよくありますよね。

不登校や引きこもりにとって
アノ時とはまさに「登校拒否や登校渋り」をした時なのです。

お子さんも

「子どもは学校に行くものだ。
できるなら元気に学校に行きたい」

と必ず思っています。

口や態度では行きたくないと言います。

でも、心の中では

元気に学校に行きたい。
友達と遊びたい。
みんなと一緒に勉強したい。

必ずこう思っています。

でも、それができない。

どうしてもできないからこそ
お父さんやお母さんに満を持して相談したわけです。

どうかその気持ちを受け止めてあげて下さい。

どうか強引に登校させる事だけはしないであげて下さい。

学校に行きたくないと
お父さんやお母さんに言ったのは

「お父さん、お母さん。
今とても辛くて学校に行けそうにないよ。
なんとかしてよ、助けてよ。」

というメッセージです。

お父さんやお母さんに
必死に助けを求めているのです。

助けを求めるというのは
お父さんとお母さんをまだ信用しているからです。

信用できない相手に
人間は弱い部分を見せないし
助けなんて求めません。

にもかかわらず、
お子さんの言葉(メッセージ)を無視して
無理やり学校に登校させ続けるとどうなるか。

お父さん、お母さんの事を子どもは信用しなくなります。

親を信用できない子どもにとって
針のむしろでしかない自宅には
帰ってこなくなります。

悪い友達とつるんで非行に走る可能性もあるのです。

だから、どうか無理やり学校に行かせる事はしないで下さい。

では、どうすればいいのか?

こちらの記事でお伝えします。

-不登校・登校拒否・引きこもり解決法

Copyright© 不登校SOS-原因不明の不登校解決法 , 2018 AllRights Reserved.